読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■仁坂知事殿の『県民大虐殺テロ攻撃計画』阻止へ・新たなステージ! Part7

小匠ダム通信・やはり小匠ダム現行運転は「県民大虐殺テロ攻撃」計画である!

 

 さて、先日過去のデータ資料からシミュレーションした結果、平成13年台風11号豪雨災害時における洪水被害が最大になる小匠ダム『非常放流』実行時に、流入量に貯めていた水を加えて放流し、洪水被害を増幅していたとんでもない事実が判明いたしました。

 

 もし那智勝浦町役場 総務課で、防災を理念である「住民の生命財産を守る」責務遂行の基に、真剣に小匠ダムの運転方法の変更を考えて頂けるのであれば、これを言うのを控えようと考えておりました。

 

 しかし、先日の那智勝浦町役場 総務課にシミュレーション結果持参で、「現行運転」と比較して、

 

※運転方法として最適・最適と考えられる「下部調節樋門1門全開放運転シミュレーション」は、以下の4項目において、精度・効率で最も優れていた「設定下部調節樋門第1門閉鎖ダム内水位:39.5m」で行なったものを選択している。

①洪水調節容量を最大限に確保活用でき、過去2度の流入量をそのまま放流する『非常放流』に至ったのと同等の豪雨災害時においても、流入量をそのまま放流する『非常放流』が回避できる。

②洪水ピーク時のダム流入量カットを最大限にし、ダム最大放流量を洪水ピーク時から遅らせる(タイムラグを創る)ことにより洪水被害を抑制軽減できる。

③豪雨災害時に刻々と変化する降雨・ダム流入量の状況判断による困難で煩雑な水門操作が不要である。

④運転方法の変更後に「現行運転」で『非常放流』に至らないケースにおいても「現行運転」との河川水位差がほとんど無い。

 

 したがって、

 

「『現行運転』よりも『下部調節樋門1門全開放運転』の方が遥かに優れているのでお願いします」

 

 と申し上げました。

 

 つまり、私から観て「現行運転」は、既に確実に「論外なのですが、小匠ダム担当者が、

 

「小匠ダムの運転方法を何を基準に『最善最適』と判断するかですよね」

 

 と意味不明の回答があり、また防災が前進しそうにないので問題にすることにいたしました。

 

 この小匠ダム運転方法の議論を和歌山県行政ダム担当者と始めた当初

 

回答:平成26年7月25日 仁坂県知事殿>

・『非常放流』とは、ダムがこれ以上水を貯めることができなくなり、流入量をそのまま放流する状態です。ダムが無かったことと同じ状態になります。

・ダムの水位を見て頂くと解ると思いますが、ダムに貯まっている水を流入量に加えて放流しているわけではありませんので、誤解をしないようにして戴きたいと思います。

 

 このように仰せでしたが、とんでもない

 

平成13年小

 ご覧のように、まさに住民が生命の危険に曝されている洪水被害最大時に小匠ダムの『非常放流』を実行し、ダム内水位を4時間で1.5m低下させ、概算約400,000㎥の水を余分に放流し、さらに洪水被害を増幅させていたのです。

 

 したがって、ほとんど変更リスクのない「下部調節樋門1門全開放運転」に変更すれば、簡単に『非常放流』が回避でき洪水被害を軽減できるのにも関わらず、ゴタクを並べ変更せずに『非常放流』を実行し、同様の事態が起きた場合は、

 

「まさに、仁坂知事殿の『県民大虐殺テロ攻撃』である!」

 

 と言えますね。