読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■和歌山医科大学関係者3名による病死偽装殺人事件!Part5

★和歌山医科大学関係者グループの那智勝浦町立温泉病院における『病死偽装殺人事件』の責任の所在!

 

 さて、これまで地方医療について無知でしたのですが、どうやら那智勝浦町立温泉病院や新宮医療センターなのど地方病院には、

 

「『和歌山医科大学』から医師が多く派遣されている」

 

 みたいですね。 

 

 今現在、那智勝浦町行政・那智勝浦町立温泉病院 最高責任者であらせられる 寺本眞一町長殿が、

 

厚生労働省が定める『医療事故調査制度』に基ずく調査」

 

 をご拒否されたため、この病死偽装殺人事件』の責任の所在がどこにあるのかまったく解らない状況です。

 

 ですが、この那智勝浦町立温泉病院での病死偽装殺人事件』の、

 

<田村忠彦氏による病死偽装殺人事件!>

高齢者を「枯らす」技術 実践者

代理ミュンヒハウゼン症候群

つい昨日まで『眼科医』内科医:田村忠彦氏(殺人犯)

町立温泉病院 最高責任者:山本康久院長殿(殺人共謀加担犯人隠匿)

  リハビリテーション科:坂野元彦氏(殺人共謀加担犯人隠匿偽証)

 

 この方々が、

 

「『和歌山医科大学』からの『派遣医師団』である」

 

 のであれは、間違いなく、

 

「『和歌山医科大学』には、那智勝浦町立温泉病院での『病死偽装殺人事件』の責任が存在する」

 

 と存じます。

 

 ですので、先日その責任の所在を『和歌山医科大学・岡村吉隆 学長殿』に確認させて頂くべくメールにて「公開質問」をさせて頂きました。

 

 ただ、メールが『和歌山医科大学・岡村吉隆 学長殿』に届かない可能性もございます故に、先ほど以下の「オープン封書・公開質問」を郵送させて頂きました。
 

学長宛 表
学長宛 ウラ