読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■和歌山医科大学関係者3名による病死偽装殺人事件!Part1

那智勝浦町立温泉病院 病死偽装殺人事件・主犯 田村忠彦氏は、和歌山県立医科大学 眼科医!

 

 先に申し上げておりますように、那智勝浦町立温泉病院及び、「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏」は、大ウソ3大超悪質治療による薬物中毒死が発覚した後も「悪質極まりない隠蔽工作を行ない続けた故に、遺族は、これを「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏による『病死偽装殺人』事件!」と断定させて頂いております。

 

 さて、これまでいろいろ調べておりましたが、ここにきて、

 

<田村忠彦氏による殺人事件!>

 高齢者を「枯らす」技術 実践者

 代理ミュンヒハウゼン症候群

 つい昨日まで『眼科医』内科医:田村 忠彦 氏(殺人犯)

 温泉病院 最高責任者:山本 康久  院長殿(殺人共謀加担犯人隠匿)

 リハビリテーション科:坂野 元彦 氏(殺人共謀加担犯人隠匿偽証)

       事務課長:塩地 氏(殺人共謀加担犯人隠匿偽証)

 

 この4名のうちの主犯含む医師3名が、

 

<田村忠彦氏>

●第120回 日本眼科学会総会

http://convention.jtbcom.co.jp/120jos/program/index.html

第69回日本臨床眼科学会学術展示優秀賞受賞講演(このページの一番下)

2016年4月8日 9:00~9:45(第3会場 仙台国際センター 会議棟 萩)

組織病理学的検討による摘出された眼内レンズでの細胞付着の変遷

☆田村 忠彦(和歌山県医大)<2016年4月8日

<坂野元彦氏>

和歌山県立医科大学 研究者情報データベース(助教

http://rdb.wakayama-med.ac.jp/profile/ja.346ece1c1f5c724f.html

 

<山本康久 院長殿>

那智勝浦町立温泉病院 ホームページ

http://www.nkhsp.sakura.ne.jp/outpatient_chargelist.html

 
資格:和歌山県立医科大学 医学部臨床教授

 

 上記のように和歌山県医科大学医大)」の関係者であることが解りました。

 

 そういたしますと、私といたしましては和歌山県医科大学に対して、

「何故、和歌山県立医科大学で『眼科医』であった田村忠彦氏が、どのような理由で『内科医』として那智勝浦町立温泉病院に赴任したのか」

 

和歌山県立医科大学では『眼科医』から『内科医』に転科直後に、主治医として患者を受け持たせるのか」

 

 など、たくさん検証質問が湧き出てまいりますので、近いうちに和歌山県立医科大学 岡村吉隆 学長殿」宛に公開検証質問書を提出してご回答を求めたいと考えております。