読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■那智勝浦町立温泉病院・昨日まで眼科医 田村忠彦氏による殺人事件!Part3

那智勝浦町立温泉病院 大ウソ3大超悪質治療社会病質者殺人は止まらなくなる!

 さて、先に心理脳科学的見地からの「嘘つき反社会性人格(パーソナリティ)障害・社会病質者について、己の保身や、自己顕示欲・虚栄心を満たすために他人の「心が傷付く・財産が騙しとられる・生命が危険に曝される」ことに繫がることを承知で嘘をつく人間、あるいは殺人をもいとわない」人間のことであると述べさせて頂きました。

 

 その原因として、一般的にこれらの人間は、五感から受ける刺激をストレスとして感じ取る脳の扁桃体が通常より小さくストレス変換効率が大変悪いため「道徳・道義」という感覚が希薄で他人に共感できないゆえに、平気でいとも簡単に「心が傷付く・財産が騙しとられる・生命が危険に曝される」行為あるいは、「虐待・リンチ・拷問・殺人ができると言われております。

 そして、この「社会病質者が連続殺人を起す動機は、一般的に殺してみたいという欲求を満たすことで始まるのです。

 また、興味深いのは「結果として殺してしまったことを誤魔化し隠し通せたことにより「快感・達成感」を得て社会病質者連続殺人」を繰り返すようになる場合が考えられるのです。

 例えば、

薬物中毒死病死偽装班・チーム田村>

 つい昨日まで『眼科医』内科医:田村 忠彦 氏

          最高責任者:山本 康久 院長殿

     リハビリテーション科:坂野 元彦 氏

           事務課長:塩地 氏

<事実確認場所>

那智勝浦町立温泉病院

 住所:那智勝浦町 天満 483 -1

 TEL:0735 - 52 - 1055


 この方々は、母の病状について事実無根の『肝膿瘍増大悪化』をでっち上げ、堂々と「大ウソ」で騙そうとした以上は、間違いなく「社会病質者」と言えます。

You Tube > 

那智勝浦町立温泉病院・薬物中毒死病死偽装は、タムラ先生にまかせろ! 

https://www.youtube.com/watch?v=9-irXOPinYs

 
 ただ、母と遺族は大変「運が悪かったかも知れませんが、今回、

那智勝浦町立温泉病院での『薬物中毒死』の『病死偽装殺人事件』」

 が発覚することにより田村忠彦氏及び、他のチーム田村の方々が「結果として殺してしまったことを誤魔化し隠し通せたことによる「快感・達成感」を得て社会病質者連続殺人」を繰り返すようになることは、多少なりとも抑制できていると存じます。

 つまり、

「母と遺族にとっては『大変運が悪かった』」

 のですが、この那智勝浦町立温泉病院での『薬物中毒死』の『病死偽装殺人事件』」が発覚することにより、社会病質者連続殺人」を繰り返すようになることを抑制できている故に、

田村忠彦氏及び、他のチーム田村の方々にとっては病死偽装殺人事件』を繰り返さなくて済むので大変運が良かった!』」

 と言えるのではないでしょうか。


 ひいては、那智勝浦町立温泉病院の未来の患者及び、ご家族も「大変運が良かった」と申し上げても過言では無いと存じます。