読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■那智勝浦町立温泉病院・戦慄の薬物中毒死隠蔽事件! Part 13

那智勝浦町立温泉病院 病死偽装フラジール毒殺事件・検証結果!

 さて皆様、那智勝浦町立温泉病院の、

「使用にあたり【
禁忌次の患者には投与しないこと)】とされる病状や重い副作用がある『フラジール』を投与しても副作用の極めて少ない『バンコマイシン』だと騙して大量服用させた『動機』」

 が
現段階では解らないのですが、とりあえず「事実という証拠の積み重ね」により、母の直接死因が、

 


「使用にあたり【禁忌次の患者には投与しないこと)】とされる病状や重い副作用がある、全く使用する必要がなかった『フラジール』を、投与しても副作用の極めて少ない『バンコマイシン』だと騙し、大量服用により『薬物中毒死』させられた」 

 そして、温泉病院は、その事実を、

 

「己に都合の良い情報だけを抽出し、医科学的知識と巧妙な言葉を悪用し、己に都合の良いストーリーをでっち上げ、不都合な『薬物中毒死』を隠蔽している」

 ことが判明いたしましたので、ここまでを簡単に検証報告書として紹介申し上げます。

検証報告書1

6画像2

経緯1

開示請求1

検証質問1

病院説明1

検査結果
肺レントゲン!
 
医科学的検証結果