読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■那智勝浦町立温泉病院・戦慄の薬物中毒死隠蔽事件!Part 10

那智勝浦町立温泉病院・病死偽装の薬物による殺人

 さて、昨日開示して頂いた肝臓画像により、いろいろなことが観えてきました。

6画像2
 以下の記述と比較しながら上記の肝臓画像をご覧頂ければ、
 

肝膿瘍大きくなり悪化している
 
 という事実は全く存在せず、正反対に、
 
肝膿瘍は、縮小し最小になり治癒してきている」

 ところが確認できます。

 また、本当に6月27日検査画像で肝膿瘍悪化を認めたうえで治療をしていたのならば、それ以降絶対に検査し『検査画像』が存在しなければならないのに皆無です。

 よって、平成28年8月26日の病院説明における以下の箇条書き★印は、明らかに極めて悪質な事実無根の虚偽であることに相違ございません。


■平成28年8月26日那智勝浦町立温泉病院の主な説明内容

<塩地 氏>

・説明内容を確認するために録音させて頂きます。
 

<田村 忠彦 氏>

★6月27日の検査画像により肝膿瘍が大きくなり悪化しているのを28日のカンファレンスで確認した。

★家族にフラジール投与の説明を28日夕方に行なったとカルテ上に記載しているので間違いない。
 

<坂野 元彦 氏>

★アメーバ膿瘍は、確定診断を行なっていないが、治療状況や画像の所見等の疑わしい異常があったことから、原因疾患としてアメーバ赤痢を治療の候補と決定した。

フラジールを投与し治療の効果を確認しながら診断を付けていく段階であった。
 

<田村 忠彦 氏>

腸炎(下痢治療)よりも肝膿瘍が悪化していたのでフラジール投与を決めた。
 

<坂野 元彦 氏>

★緊急治療の必要性を説明したことはカルテに記載されている。
 

<田村 忠彦 氏>

★カルテに記載した内容で説明している。

★全身状態が悪かったので早急にフラジール投与治療を始めなければならなかった。

フラジール投与は、病院としてカンファレンスで決定したことである。

フラジールは、慎重投与と記載されているが、減量が必要とは記載されていない。

・眼球上天の異常がフラジールの副作用の可能性があったため減量した。
 

<坂野 元彦 氏>

★治療効果と副作用の状態を加味してフラジール投与を継続した。

★我々は、正しいと判断して治療を継続した。

★治療効果があると判断したため継続した。
 

<田村 忠彦 氏>

★治療効果があると発熱状態や医学所見により判断した。

フラジールの投与経験は、偽膜性腸炎に250mg×4/日で使用したことがある。

・今回の750mg×3/日は、経験上初めてである。
 

<坂野 元彦 氏>

★複数の抗生剤を投与して効果がない肝膿瘍なので、細菌以外の原因を考えた。

★その中のひとつがアメーバ赤痢であった。
 

<田村 忠彦 氏>

・6月20日複数の抗生剤を使用したが、感染症の状態が改善せず治療効果が薄かったので、原因菌を特定するため抗生剤を中止した。

・しかし、7月13日死亡までとくに感染症の症状の出現が無かった。
 

<しみず>

・カルテ・データ資料の情報開示後に再度説明頂きたい。
 

<坂野 元彦 氏>

★カルテに書いてあることは事実である。

★納得いかなくても病院側からの説明は以上である。
 

<塩地 氏>

★情報開示する内容と合致する説明であるはずである。

★記憶だけで回答している訳ではなく、カルテ・データ資料を基に説明している。

★カルテ・データ資料と違うことを回答することはないので確実に事実である。

・したがって、病院側の説明は、今回ですべてである。
 

※上記箇条書き★は、極めて悪質な『事実無根の虚偽』であることに相違ない。
 また、上記の発言内容は、公文書開示請求している「録音」を公開頂ければ確認できる。


  したがって、那智勝浦町立温泉病院は、母が全く服用する必要がなかった、

「使用にあたり【禁忌次の患者には投与しないこと)】とされる病状や多くの注意点及び、重い副作用があり得る『フラジール』の大量服用により『薬物中毒死』させた」 

 そして、

 

「己に都合の良い情報だけを抽出し、医科学的知識と巧妙な言葉を悪用し、己に都合の良いストーリーをでっち上げ、不都合な『薬物中毒死』を隠蔽している」


 
 ようである。