読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■仁坂知事殿の『県民大虐殺テロ攻撃』計画が犯罪か!

小匠ダム『現行運転』が犯罪!

 さて皆様、とりあえず裁判の宿題を終えて別件で【刑法】を観ていたら以下のものが出てまいりました。

 

【刑法・第十七章 文書偽造の罪】

(公文書偽造等)

・第百五十五条  行使の目的で、公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造した者は、一年以上十年以下の懲役に処する。

2.公務所又は公務員が押印し又は署名した文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。

 

 私の解釈が間違いでなければ、

 

■裁判証拠・申第1号証:小匠ダム『莫大極端な・非常放流』の『かいざん捏造グラフ』 検証報告書!

http://blog.livedoor.jp/s8753/archives/64692698.html

 

■裁判証拠・申第4号証:人命軽視の『流出シミュレーション』による不正!

http://blog.livedoor.jp/s8753/archives/65066899.html

 

 これらは、紛れも無い『公文書偽造罪』に相違ないと存じます。

 

 

 また、防災に関しては、以下のものが出てまいりました。

 

【刑法・第十章 出水及び水利に関する罪】

(水防妨害)

・第百二十一条  水害の際に、水防用の物を隠匿し、若しくは損壊し、又はその他の方法により、水防を妨害した者は、一年以上十年以下の懲役に処する。

 

 これも私の解釈が間違いでなければ、今現在の嘘つき反社会性人格障害テロリスト 仁坂知事殿が強行している小匠ダム『現行運転』は『大欠陥』より簡単に『莫大極端な・非常放流』に至らしめる、且つ、過去最大の豪雨災害を想定しても『非常放流』が簡単に回避でき洪水被害を抑制軽減できる『CN防災運転』が存在する。

 

 故に、次回の豪雨災害時に『莫大極端な・非常放流で住民が甚大な被害を被った場合は『水防妨害罪』に相違ないと存じます。

 

 いやはや、仁坂知事殿は『確信犯』だとは理解しておりました。

 

 しかし、嘘つき反社会性人格障害者が公権力を握るということが、これほど恐ろしいものなのかと思い知らされました。

 

 

 小池都知事、お願いです、お助けくださ~い!!!