読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■仁坂知事殿の『県民大虐殺テロ攻撃』阻止に必要不可欠な違法性の証明!

小匠ダム『現行運転』の違法である証明!


 さて皆様、今ひとつ司法の場というものが理解できていないもので、
小匠ダム『現行運転』の違法性が証明できるかどうか解りませんが努力してみようと思います。

 
しばらく回転の遅い頭で考えて以下のようにまとめてみました。

 

小匠ダム『現行運転』の違法性

1.行政の『住民の生命財産を守る』責務 

  • 行政の小匠ダム管理において、これまで2度の甚大な洪水被害に見舞われる非常放流を実行しているのであるから非常放流が回避できる運転方法を構築することが『住民の生命財産を守る』責務遂行である。
  • しかし、まったく非常放流が回避できる運転方法を構築しようとしていない。
  • それどころか、行政は住民に対して、専門家による過去最大級平成23年台風12号豪雨災害を想定しても非常放流が回避でき洪水ピーク時に流入量を約50%カットできるであろう「下部調節樋門1門全開放運転」について情報公開責任・説明責任を果たさず隠蔽している。
  • よって、行政の『住民の生命財産を守る』理念に反しており、違憲である。


2.小匠ダム『現行運転』非常放流』リスク

  • 小匠ダムの運転方法を大別すると、下部調節樋門全閉にし上部調節樋門による『現行運転』、水圧による自然変動に委ねる「下部調節樋門1門全開放運転」、下部調節樋門1門全開放と上部調節樋門とのコンビネーションによる『CN防災運転』の3通りである。
  • その3とうりの中で、過去最大の豪雨災害平成23年台風12号を想定した場合に非常放流に至るのは、『現行運転』のみである。
  • したがって、行政の『現行運転』の選択は、憲法十三条に反しており、違憲である。

 

※『非常放流:ダムの洪水調節容量を使い果たし、洪水ピーク時に流入量をそのまま放流しているダムが無いのと同じ状態である。

 

憲法十三条

 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

IMGA0015

小匠ダム 管理者

和歌山県行政


管理最高責任者:東京大学 経済学部卒業 


大変
賢い 仁坂 吉伸 県知事殿


管理部署責任者:

農村整備課長


詭弁
が上手な

 高瀬 光準 殿



県の窓口

 農林水産部農林水産政策局農業農村整備課防災班

 TEL 073-441-2953(直通)


和歌山県HP・県政ポスト:知事へのメール

https://www.pref.wakayama.lg.jp/secure/teigen/teigen.html

なお、私の「事実認識」にご不審な点がございましたら、お手数ではございますが、上記にご連絡頂き直接ご確認して頂ければと存じます。

 また、私の、

「自己顕示欲虚栄心の塊・無知無能・職務怠慢・嘘つき反社会性人格障害テロリスト 仁坂知事殿」

 との主張についても「名誉毀損」ではないかとご不審に思われる方もいらっしゃると存じますので、その場合もお手数ではございますが、上記にご連絡頂き仁坂知事殿ご本人に直接ご確認して頂ければと存じます。