読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■嘘つき反社会性人格障害者 仁坂知事殿に学ぶ・全国約3,000ダム下流域住民への提言!Part 25

小匠ダムとは!

 そろそろ皆様も、和歌山県民の恥 仁坂知事殿『県民大虐殺テロ攻撃ローカルテーマにも慣れて頂けたことと存じます。

 それでは、ご存知でない方もいらっしゃいますでしょうから簡単に小匠ダムについてご説明いたします。

<小匠ダム
(小匠防災ダム)
小匠ダム 管理者
和歌山県行政

管理最高責任者:東京大学 経済学部卒業 
大変賢い 仁坂 吉伸 知事殿 
管理部署責任者:

農村整備課長

詭弁が上手な

 高瀬 光準 殿


県の窓口

 農林水産部農林水産政策局農業農村整備課防災班

 TEL 073-441-2953(直通)


和歌山県HP・県政ポスト:
知事へのメール

https://www.pref.wakayama.lg.jp/secure/teigen/teigen.html

私の主張にご不審な点がございましたら、お手数ではございますが、上記にご連絡頂きご確認して頂ければと存じます。

 なお、私の、

「無知無能・職務怠慢・嘘つき反社会性人格障害テロリスト 仁坂知事殿」

 との主張についても「名誉毀損」ではないかとご不審に思われる方もいらっしゃると存じますので、その場合もお手数ではございますが、上記にご連絡頂き仁坂知事殿ご本人にご確認して頂ければと存じます。



 
 特 徴
 日本に約3,000あると言われているダムの中でも、洪水調節能力が5本の指に入るのではないかと思われる大変優れたダムである。

 まず、とうぜんのことながら規模という点については、小匠ダムは、小規模であることは間違いございません。

 

 しかし、それは豪雨流入量に見合った規模であることは、仁坂知事殿が住民に隠蔽している平成23年台風12号豪雨災害時における検証報告書により50%以上の最大流入量をカットできることでも洪水調節能力の高さがお解り頂けると存じます。

 

 いつも最後に貼付けている小匠ダム写真でお解りのように、堤体の最下部に水門が2門設置され、平時は常に開放にしダム内は「空状態待機」にしているため、豪雨災害時には、貯水容量のほぼ100%を洪水調節容量として使用可能になります。

 

 そして、仁坂知事殿が隠蔽している検証報告書によれば、基本的に堤体の最下部水門1門全開放にしておけば、平成23年台風12号と同等の豪雨災害時においても50%以上の最大流入量をカットできるとされております。

 

 つまり、同様のものが存在するのかも知れませんが、この国に約3,000あると言われているダムの中でも、

 

「豪雨災害に備え常時空で待機、且つ、ほぼ全貯水容量を洪水調節に使用可能である、且つ、最低部に調節樋門が設置されている」

 

 この3拍子揃ったこれほど洪水調節能力の高いものは、おそらく小匠ダムの他にそれほど存在していないと存じますよ。

 
 簡単ではございますが以上です。


小匠ダム