読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■嘘つき反社会性人格障害者 仁坂知事殿に学ぶ・全国約3,000ダム下流域住民への提言!Part 22

仁坂知事殿への主権者命令

 さて皆様、何度何度もローカルなテーマで誠に恐縮です。

 どうやらこの地方も明日から明後日にかけて
台風18号来襲による豪雨災害に見舞われる可能性が大変高くなってまいりました。


 今現在、私は、行政の理念である国民の生命財産を守るという責務遂行が確実に不可能であると判断したため、小匠ダム『大欠陥』現行運転から『CN防災運転』への変更を可能にするため、私の主張における証拠により、

 

 

「行政の『不都合な真実』である無知無能・職務怠慢を専門的知識悪用による『虚偽不正』及び、巧妙な言葉遣いにより『隠蔽』している」
 

 このことが事実真実であることを証明できているか否かの判断を、立憲民主主義である我が国の司法制度に委ねております。

 しかしながら、
台風18号来襲によりこの裁判の勝敗がつく前に、嘘つき反社会性人格障害テロリスト 仁坂知事殿が計画しております、小匠ダム『莫大極端な・非常放流』を悪用した『県民大虐殺テロ攻撃』が実行される可能性が大変高くなりました。
 
 ですので、以下の県政ポストから手土産持参で、仁坂知事殿主権者からの偉そうな命令を出させて頂きました。

和歌山県HP・県政ポスト:知事へのメール

https://www.pref.wakayama.lg.jp/secure/teigen/teigen.html 

 内容は以下のとおりです。 
================
<小匠ダムを『CN防災運転』に変更せよ!>
 和歌山県行政最高責任者 仁坂知事殿

 前略、仁坂知事殿黙秘されてから早1年2ヶ月が経過し、
 

①小匠ダム下流域住民は、未来における平成23年台風12号と同等の豪雨災害時において、小匠ダム現行運転に存在する『大欠陥』により、簡単に『非常放流』が実行され人工大津波2~3m による甚大な洪水被害に『生命』をも危険に曝される。


②小匠ダム現行運転の『大欠陥』を解消した『CN防災運転』に変更すれば、平成23年台風12号と同等の豪雨災害時においても、甚大な洪水被害に見舞われ『生命』をも奪われかねない『非常放流』が簡単に回避でき洪水被害を抑制軽減できる。

 
 
これらのことを理数学的に完璧なまでに証明してもなお、


「仁坂知事殿の小匠ダム『莫大極端な・非常放流』を悪用した『県民大虐殺テロ攻撃』計画」

 が着々と進行し、その実行が明日明後日に行なわれても不思議ではない状況になりました。

 なので、気の弱い「ただのビビリ!」の私といたしましては、大変怖いのですが、主権者として仁坂知事殿がすでに忘却の遥か彼方に捨て去った『住民の生命財産を守る』という県行政最高責任者としての『責務』を遂行するよう命令させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【記:主権者命令
 仁坂知事殿、あなたの『無知無能・職務怠慢』及び、あなたが嘘つき反社会性人格障害であることはさておき、県行政最高責任者としての責務である住民の生命財産を守ることを遂行して頂くために、小匠ダム『大欠陥』現行運転から『CN防災運転』への変更を主権者として命令いたします。

 ただちに那智勝浦町寺本眞一町長に、小匠ダム『大欠陥』現行運転から『CN防災運転』に変更するようご指示をお出し下さい。

 なお、仁坂知事殿がお始め下されば、あなたがこれまで犯した『無知無能・職務怠慢』ぶりを帳消しにしてもなお、大きなおつりがくるほどの以下の巨大プロジェクトを、小匠ダム『大欠陥』現行運転から『CN防災運転』に変更して頂く手土産として進呈いたします。


日本約3,000すべてのダムを豪雨災害対応洪水調節最適化計画!
 

 

 我が国には「治水・利水・治水利水兼用」ダムが合計で約3,000あると言われている。
 

 この約3,000のほぼ100%すべてのダムが現状の豪雨災害時に対応するための洪水調節に適した水門構造(ハード)及び、そのダムの規模においてポテンシャルを最大限に発揮するための最適な運転プログラム(ソフト)を備えていない。

 

 今現在までで豪雨災害時に、流入量をそのまま放流する非常放流至り、ダムが存在しないのと同等の甚大な洪水被害に見舞われた住民に対して、ダム管理者は「ダムは最大限能力を出し切ったが、豪雨災害がダムの能力を上回った」という趣旨の説明をしていると考えられる。

 

 しかし、このダム管理者の「ダムは最大限能力を出し切ったが、豪雨災害がダムの能力を上回った」という説明は、現状の豪雨災害時に対応するための洪水調節に適した構造(ハード)及び、そのダムの規模においてポテンシャルを最大限に発揮するための最適な運転プログラム(ソフト)を構築しようとしていなければ、ただの「言い訳・言い逃れ」過ぎないのである。

 

 したがって、すべてのダム管理者及び、国・行政・政治・司法・報道メディア・国民が一体となって国民の生命財産を守る理念の基、この約3,000ダムの下流域住民に対してダム管理者が、たとえ非常放流に至ったとしても、真の意味で「ダムは最大限能力を出し切ったが、豪雨災害がダムの能力を上回った」といえるソフト・ハード両面での最適化されたダムを創らなければならない。

 

日本に約3,000存在するダム構造(ハード)の洪水調節対応最適化工事

 日本でも数少ない洪水調節対応最適化工事が必要のない、治水ダムとして最上級の構造を持つ小匠ダムを見本として、約3,000の「治水・利水・治水利水兼用」ダムすべてで最下部に洪水調節用水門を新設し、豪雨災害が迫る場合に事前放流し総ダム容量をすべて洪水調節容量として使用できるようにする。

 

日本に約3,000存在するダム運転プログラム(ソフト)の洪水調節対応最適化

 洪水調節対応最適化工事後にも行なうが、すぐに工事を行なえないので、約3,000の「治水・利水・治水利水兼用」ダムすべてで運転プログラムを最適化すれば、現状でも『非常放流』のリスクを下げられるものや、小匠ダムのように『大欠陥』が存在するものもあるので、洪水調節対応運転プログラムの最適化を専門家・プロ集団の手に委ね構築する。

 

 そして、洪水調節対応最適化工事完了に合わせ、あらためて洪水調節対応運転プログラムの最適化を専門家・プロ集団の手に委ね構築する。

 

上記のすべての費用は、国家予算から捻出する。

 また、利水ダムが水門設置工事にともなう休業期間の保証及び、豪雨災害時における事前放流による損失も国家予算から捻出する。

小匠ダム