読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■台風10・12号来襲に学ぶ・全国約3,000ダム下流域住民の皆様への提言!⑤

NHKに『ダムの洪水調節問題・検証報道』を要求すべし!

 

 さて、皆様、今回台風10・12号来襲時に報道番組をご覧になられて、

 

「甚大な洪水被害地域とその上流ダムとの関係報道がまったく存在しない!」

 

 ことがお解り頂けたと存じます。

 

 つまり、豪雨災害により甚大な洪水被害に見舞われた下流域住民や報道番組を観ている国民は、その上流にあるダムがどのような「洪水調節」を行なったか知る由もないのです。

 

 たとえ個人が、そのダムの「洪水調節」について問い合わせたとしても、我が和歌山県同様に、ダム管理者が、

 

ダムは最大限能力を出し切ったが、豪雨災害による降雨量がダムの能力を上回った

 

 このような、

 

「専門知識と巧妙な言葉により『不都合な真実』を『隠蔽』する」

 

 ので、簡単にごまかされてしまいます。

 

 そして、このダム管理者の、

 

「専門知識と巧妙な言葉により『不都合な真実』を『隠蔽』する」

 

 ことへの最大最高の共謀加担協力功労者が皆様の受信料でお給料を頂いているNHKです。

 

 皆様もご存知のようにNHKの存在意義は、社会の進歩向上に寄与することであり、そのための報道や医科学番組を制作しなければなりません。

 

 これまでNHKは、精神疾患認知症感染症、耐性菌、異常気象、地震津波、台風、局地的豪雨 等々、ありとあらゆる分野に目を向け、時間とお金をかけて制作しているのは確かです。

 

 ただ「唯一」と言っても過言では無い、豪雨災害時における、

 

「甚大な洪水被害地域とその上流ダムとの関係報道がまったく存在しない!」
 

「甚大な洪水被害地域とその上流ダムとの検証番組がまったく存在しない!」

 

 のは紛れも無い事実です。

 

 

 やはり、NHKは、以前籾井会長が仰せになられた、

 

国が右言うものを左とは言えません!

 

 を有言実行されておられるのでしょう。

 

 したがって、全国約3,000ダム下流域住民の皆様が、過去はさておき、未来において上流ダムの持てる能力を最大限に発揮し、洪水被害を最小限に抑制して頂きたいとお考え頂けるならば、ぜひとも「NHK」に、

 

「甚大な洪水被害地域とその上流ダムとの関係報道を行なえ!」
 

「甚大な洪水被害地域とその上流ダムとの検証番組を制作せよ!」

 

 と要求・要請なさって下さいまし。

 

 皆様から徴収する「NHK」の受信料は、全国約3,000ダム下流域住民をダム管理者の、

 

「専門知識と巧妙な言葉により『不都合な真実』を『隠蔽』する」

 

 ためのNHK職員共謀加担活動費としてお渡ししているのではないはずですね。

IMGA0015