読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■台風12号来襲に学ぶ・全国約3,000ダム下流域住民の皆様への提言!③

台風12号の進路にあたるダム下流域住民は、ダムライブモニターを監視せよ!

 

 さて、皆様、台風10号豪雨の河川氾濫による甚大な洪水被害が報道される中で、その上流に建設されている豪雨防災の要であるダムの情報が皆無であることは紛れも無い事実です。

 

 果たして、それらのダムは豪雨防災の要として活躍してくれたのか。

 

 または、まったく豪雨防災の要として活躍できなかったのか。

 

 いったいどちらなのか、甚大な洪水被害に見舞われた下流域住民及び、その状況をTV中継で観ている国民には、まったく判断できません。

 

 とりあえず、台風12号の進路にあたる九州・四国・紀伊半島ダム下流域住民の皆様方には、公開された上流ダムのライブモニターをリアルタイムで監視して頂きたいと存じます。

 

 その目的は、

 

①「『迅速な避難対応』を可能にする」
 

②「ダム管理者に『人命』最優先に緊張感を持たせ慎重且つ、効率的で正確な運転を促す」

 

 この二つです。

 

 

 

 おそらく、ダム管理者側は、ライブモニターアクセス量を把握しているでしょうから、監視されている緊張感で、あとで非難批判をされない良い運転を心がけようとすると存じます。

 

 あと、ライブモニターが整備されていないダム下流域住民の皆様は、ぜひともダム管理者に対しダムライブモニター整備を要求なさって頂きたいと存じます。

 

 なにせ、我が和歌山県では、小匠ダムのダムライブモニター整備をいくら要求しても行なわないと思ったら、運転プログラムに大欠陥が存在しておりましたのでね。

 

 もし要求してダムライブモニター整備を渋るダム管理者がいらしたら、それは運転プログラムに大欠陥が存在しているのかも知れませんよ。

IMGA0015