読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■台風10号来襲に学ぶ・全国約3,000ダム下流域住民の皆様への提言!①

 さて、全国約3,000ダムすべての下流域住民の皆様、台風10号が接近し豪雨による洪水被害が心配される中で、報道(とくにNHK)では24時間台風の進路や豪雨情報及び、河川水位の状況をリアルタイムで流し続けております。

 

 そこで皆様は、何か不思議なことに気付かれませんでしょうか。

 

 ようは、その24時間台風の進路や豪雨情報及び、河川水位の状況が流れている中で、その河川の上流に建設された「治水ダム利水ダム兼用ダムの情報を見聞きされた方がいらっしゃるでしょうか。

 

 それらの河川流域住民にとっては、とくに防災ダム下流域住民にとってダムは豪雨防災の要であります。

 

 下流域でそれほど豪雨もなく河川水位が上昇していなくとも、上流で降雨量が多く流入量が多ければ、ダムに貯水が始まっており、下流域が豪雨に見舞われ始めた頃には防災ダムとしての機能を果たせず、流入量をそのまま放流する非常放流が実行される可能性があります。

 

 そうなりますと、今までダムで数割にカットされていた流入量を100%放流することになり、一気に河川水位が上昇し人工津波が発生します。

 

 つまり、そうなる前に情報を知り、ダムの非常放流にも間に合う迅速な避難対応をするのが危機管理防災ではないのでしょうか。

 

 おそらく、我が和歌山県ほどでは無いでしょうが、全国約3,000ダムすべての下流域住民の皆様は、

 

「権力者の『不都合な真実』を理科学的専門知識と巧妙な言葉により『隠蔽』されている」

 

 可能性が大変高いと存じます。

 

 ですので、真の意味での防災を求めようとお考え頂けるのなら、

 

「権力者の理科学的専門知識と巧妙な言葉による『洗脳』から覚醒せよ!」

 

 そして、

 

■日本約3,000のダムすべてをフルスペックに! ダムの豪雨災害対応最適化政策!!!

 こちらが実現できるよう「行政・政治・報道」に働きかけることをお勧めいたします。

IMGA0015