読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■未来への提言・台風10号によるダムの豪雨災害対応洪水調節最適化シミュレーション!

 さて、皆様、未来において
 

■日本約3,000のダムすべてをフルスペックに! ダムの豪雨災害対応最適化政策!!!

 この政策が完了しているという前提で、 今回の台風10号で超簡単なシミュレーションを行なってみましょう。


タイムライン
  • 第一段階:台風10号の影響で豪雨災害が予想される地域すべての『洪水調節最適化工事』により洪水調節容量を最大限にしたダム管理者は、豪雨が始まり流入量が増加し始める時間帯の前に、下流域に危険な影響が出ないよう『事前放流』し、最大限の洪水調節容量を確保する。 

  • 第二段階:ダム管理者は、台風10号の豪雨災害により流入量が増加し始めた段階で『洪水調節最適化防災運転プログラム』により下流域住民の洪水被害を最小限に抑制し『生命財産』を守りきる。

  • 第三段階:台風10号が去った後に、利水ダムでは、この『豪雨災害対応洪水調節』で『事前放流』により発生した損失を計算し国に請求する。

 誠に超簡単では、ございますが、これが、
  

■日本約3,000のダムすべてをフルスペックに! ダムの豪雨災害対応最適化政策!!!


 この政策が完了した未来での日本約3,000ダムすべての豪雨災害時においての対応シミュレーションでございます。