読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■ダム学者・専門家の動向について!

 さて、私が提唱させて頂いている、

■日本約3,000のダムすべてをフルスペックに! ダムの豪雨災害対応最適化政策!!!


 この「ダムの豪雨災害対応最適化政策!」実行できれば、日本に存在する約3,000のダムすべてで豪雨災害時に洪水調節能力を最大限に活せるようになり、間違いなく洪水被害を軽減できるようになるのは確実です。

 しかしながら、今現在までダム学者・専門家の方々で、この「ど素人」がたった1年たらずで導き出せた至極簡単なを公の場で「誰一人として口にしていない
という事実が存在します。

 そこで、この摩訶不思議な
事実について考察を述べさせて頂きます。 

 まず、ダムの
※1非常放流とは、※2洪水調節容量を使い果たし、ダム内水位を低下させること無く流入量をそのまま放流している状態であり、ほとんどの場合にダムがあるのに無いのと同等の甚大な洪水被害に見舞われます。

 

※1『非常放流:防災ダムが洪水調節容量を使い果たし、これ以上流入降雨を貯めることができなくなり、ダムの決壊・倒壊を防ぐためダム内水位を低下させないように(神業・至難の業)流入量をそのまま放流している状態。
  
※2洪水調節容量:防災ダムが洪水調節を始めた段階で流入降雨を貯めることのできる空きスペース。

 この非常放流原子力発電に例えるならば、原子炉の圧力が上がり爆発寸前になったので圧力を下げるために弁を開き様々な放射性物質をそこら中にまき散らすベント作業ですね。

 しかし、小匠ダムがそうであるように、日本各地の豪雨災害時に非常放流が実行され甚大な洪水被害に見舞われ死者行方不明者を出したダムでさえ、管理者の保身のために「豪雨災害対応最適化」が実行されていないのが現状です。

 仁坂知事殿が管理責任者である小匠ダムでは、平成23年台風12号豪雨災害時に非常放流が実行され甚大な洪水被害に見舞われたあと、平成25年3月に「㈱クレアリア」に依頼して提出させた報告書には、小匠ダム『現行運転』プログラムへの懸念を述べ大欠陥を示唆し、

したがって、改修までの暫定操作方法として、

改修までの暫定操作方法として、比較的安定した調節方法である②の調節樋門1門全開方式を採用し、(中略)を提案する。

 このように下線強調までして住民のために提案して下さっており、

仁坂知事殿行なった

その「

調節樋門1門全開方式

シミュレーションが以下のとおりです。   

 

行政シミュレーション

 ご覧のとおり洪水ピーク時に小匠ダムへの流入量を1/2 カットできていたと結論付けております。

 この小匠ダム下流域住民が生命を救われることになるかも知れない『運転プログラム』仁坂知事殿は、今現在も己の保身のために住民には『情報公開』せず隠蔽し、
 

今の段階では、中小洪水に対応できる現行操作が最適です。
 
 と主張し続けているのです。

 そこで、住民のために「㈱クレアリア」下線強調までして大欠陥のある『現行運転』から

調節樋門1門全開方式の変更を提案して下さっていたので、このことについてホームページから質問をさせて頂きました。

 その回答が以下のとおりです。

************************************************

清水 俊幸 様

 

平素は、格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
 

株式会社クレアリアでございます。

 

お問い合わせいただきました件につきまして、ご回答を申し上げます。

 

受託業務に関しましては、契約上の守秘義務がございますので、ご回答は差し控えさせていただきます。

 

ご理解の程宜しくお願い致します。

 

【ご注意】

※当返信文書に記載されている情報、文章、画像を無断で

 転用・複製・配布・公表等する事を固くお断りいたします。

 

株式会社クレアリア  http://www.crearia.co.jp/

************************************************

  という訳で、思いっきりコケました…。

 税金を使って我々小匠ダム下流域住民のために作成された報告書なのに 、

契約上の守秘義務がございます」

 ちゅうのは、
いったいどういうこと!

 このような守秘義務を負わせているということは、やはり仁坂知事殿は、己の保身のためなら住民の生命を犠牲にしても良いという決断をしているのでしょう。



 平成23年福島原発事故前に原子力発電懸念について原発反対集会での説明を依頼した原子物理学教授が、

「我々は、原子力発電所が存在するからこそ給料がもらえる。その『批判』をすれば大学を追い出される」

 という趣旨のことを仰せになったそうです。

 それは、
ダム学者・専門家「ど素人」がたった1年たらずで導き出せた至極簡単な「誰一人として口にしていない理由と同じなのでしょう。