読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■母の介護・看護反省回想録⑦:直接死因「肝膿瘍」への疑惑 Part4!

■ 母の『肝膿瘍アメーバ駆除』に使用された『フラジール』の評価!
 私が母の状態を鑑みたフラジール適用評価表です。

フラジール評価
 ご覧のとおりです。

 このように、母の、 

年齢:高齢94.5才

体重:40kg以下

使用開始時期:抗生物質(主にスルバシリン)5週間連続投与後一週間経過時


状態
・肝膿瘍及び、それよる動脈圧迫により肝臓の一部壊死

脳梗塞により45日前右半身麻痺

抗生物質5週間連続投与副作用による衰弱から若干回復気味

・刺激を与え起して小さなプロテインゼリーとヨーグルトが食べられ程度

食事以外の時間は、昏睡・麻痺状態で、身体はまったく動かず 

 この条件では、絶対にフラジールは使用してはならない薬剤だと存じます。

 したがって、母は、このフラジールの大量服用による重い神経系の副作用により多臓器不全を引き起こし心停止に至ったものと考えて間違いないものと存じます。


 これは、

「紛れもない『医療ミス医療過誤』である!」

 と存じます。