読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■嘘つき反社会性人格障害者が権力を握る社会の実態!

■嘘つき反社会性人格障害者が権力を握る社会の実態!

 私が遭遇した2つの事例である、

「行政の小匠ダム運転プログラムの『大欠陥』隠蔽による『県民大虐殺テロ攻撃計画』事件!

 及び、

「町立病院の清水あきよ直接死因が『薬剤副作用』による『医療ミス過誤』であることを隠蔽し『肝膿瘍悪化』だと騙している!」

 これらは、ただ保身目的の、

「己に『不都合な真実』は、都合の良いストーリーを創作し専門知識巧妙な言葉で隠蔽する!」
 

 という、

まさに、常軌を逸した人命軽視不正である!』ことに相違ない!!!」

 と存じます。