読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

★ 戦慄・嘘つき反社会性人格障害 仁坂知事殿の『県民大虐殺テロ攻撃』計画事件!★

■県の規定という名の『大虐殺テロ攻撃』計画!

f:id:s8753:20160720043143j:plain

簡単な経緯

 平成23年台風12号豪雨災害時に小匠ダムが※1洪水調節容量を使い果たし実行された、流入量をそのまま放流する『莫大極端な・※2非常放流』による2mあまりの人工津波により、ダムがあるのに無いのと同等の甚大な洪水被害に見舞われたのが始まりです。

※1洪水調節容量:防災ダムが洪水調節を始めた段階で流入降雨を貯めることのできる空きスペース。

※2『非常放流』:防災ダムが洪水調節容量を使い果たし、これ以上流入降雨を貯めることができなくなり、ダムの決壊・倒壊を防ぐためダム内水位を低下させないように(至難の業)流入量をそのまま放流している状態。

 それでは、甚大な洪水被害に見舞われる『莫大極端な・非常放流』を回避できる「運転プログラム」が存在しないのかと、和歌山県ダム行政と『仁坂知事殿宛』で検証議論を重ねた結果が以下のとおりです。

和歌山県ダム行政との検証議論により導き出された結論

 前回平成23年台風12号豪雨災害時の甚大な洪水被害に見舞われた『莫大極端な・非常放流』は、小匠ダム『県の規定・現行運転』プログラムの簡単に『莫大極端な・非常放流』至らしめる『大欠陥』が原因であることが判明する。

 そこで、小匠ダム『県の規定・現行運転』プログラムの簡単に『莫大極端な・非常放流』に至らしめる『大欠陥』を改善し『莫大極端な・非常放流』を簡単に回避できる『CN防災運転』プログラムを導き出し提示し変更を要請している。

 ■小匠ダム運転方法検討報告書・『CN防災運転』

 http://blog.livedoor.jp/s8753/archives/53922257.html

 

 しかし、無知無能・職務怠慢な、

「嘘つき反社会性人格障害者の仁坂知事殿は『住民の生命』よりも『保身が最優先』である!」

 がために数々の「虚偽不正」を行い、

現行運転が最適である!

 と言い張り『県の規定・現行運転』プログラムの簡単に『莫大極端な・非常放流』に至らしめる『大欠陥』を放置しているため、豪雨災害時に小匠ダムは『凶器』と化し2~3mの大津波が住民を襲い『生命』を奪いかねないのです。

 したがって、小匠ダム『莫大極端・非常放流』実行は、嘘つき反社会性人格障害テロリスト 仁坂知事殿の『県民大虐殺テロ攻撃』であると言っても過言ではありません。

 ■検証グラフの『かいざん捏造』事件!

 http://blog.livedoor.jp/s8753/archives/44765238.html

 ■行政5名の方の『集団記憶喪失運転方法隠蔽』事件!

 http://blog.livedoor.jp/s8753/archives/44280801.html

 フォルクスワーゲンクラスの『不正ソフト』使用事件!

 http://blog.livedoor.jp/s8753/archives/50295569.html

 ■行政の小匠ダムに関する『詭弁大ウソ不正』検証報告書

 http://blog.livedoor.jp/s8753/archives/54051935.html

 

 以上の『県民大虐殺テロ攻撃』計画事件が事実であることは、無知無能・職務怠慢・嘘つき反社会性人格障害テロリスト 仁坂知事殿に、私 清水俊幸 が『名誉毀損』で告訴・逮捕されていないことで、十分ご理解頂けるものと存じます。