読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院 和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件!

■平成28年7月 和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■仁坂知事殿の『県民大虐殺テロ攻撃計画』阻止へ・新たなステージ! Part 15

小匠ダム通信・各運転方法の能力比較簡単まとめ!

 

 さて、来週には、先週町長宛で提出した「㈱クレアリアへの確認 要望書」に対する回答を戴きにまいりたいと考えております。

 

 そこで、新たな事実を基にした検証結果・能力比較を簡単にまとめてみました。
 

□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■

小匠ダムの運転方法の違いによる下流域の洪水被害検証

・「現行運転」

・『下部調節樋門1門全開放運転』(㈱クレアリア報告書より)

 上記2つの運転方法の違いによる流入量以上の放流『非常放流』が実行され甚大な洪水被害に見舞われた平成13年及び、平成23年の台風豪雨災害時における下流域の洪水被害の違いを検証する。

 

下部調節樋門1門全開放S大


「現行運転」によるダムが無いのと同じ甚大な洪水被害に見舞われ、洪水被害が最大となる流入量以上の放流『非常放流時に、概算300,000(ダム内水位約1.5m低下)の貯めていた水を『非常放流』に加えて放流し、洪水被害最大時にさらに洪水被害を増幅拡大したと考えられる。

 

「現行運転」による流入量以上の放流『非常放流』時の洪水被害最大時に、貯めていた水を加えた『非常放流』実行により、洪水被害を増幅拡大した直後、概算500,000(ダム内水位約2.5m低下)の貯めていた水を加えて放流し、さらに洪水被害を増幅拡大したと考えられる。

 

「現行運転」によるダムが無いのと同じ甚大な洪水被害に見舞われ、洪水被害が最大となる流入量以上の放流『非常放流』終了直後に、6時間で概算800,000㎥(ダム内水位約3.0m低下)の貯めていた水を流入量に加えて放流し、さらに洪水被害を増幅拡大したと考えられる。

 

 しかし、この2つと同等の豪雨災害時においても下部調節樋門1門全開放運転では、ダムが無いのと同じ甚大な洪水被害に見舞われ洪水被害が最大になる流入量以上の放流『非常放流』に至ることが無いため、洪水被害最大時にさらに洪水被害を増幅拡大するようなことはあり得ない。

 

 つまり、下部調節樋門1門全開放運転』は、豪雨災害時に刻々と変化する降雨・ダム流入量の状況判断による困難で煩雑な水門操作が不要であるため、運転者の資質差ヒューマンエラー)による洪水被害最大時の流入量以上の放流『非常放流』を簡単に回避でき 洪水被害最大時にさらに洪水被害を増幅拡大するようなことはあり得ない。 

 

 そして、「現行運転」により過去2度の流入量以上の放流『非常放流』が実行された豪雨災害時においても、洪水被害最大時に貯めていた水を『非常放流』に加えて放流し、さらに洪水被害を増幅拡大する。その直後、さらに貯めていた水を加えて放流し続け、さらに洪水被害を増幅拡大するようなことがあり得ない。

 

 ようするに、小匠ダム下流域・太田川流域住民は、過去2度の『非常放流』時には、ダムが無いよりも遥かに甚大な洪水被害に見舞われた可能性が高い。

 

 まさに、ダムが無かった方が洪水被害が遥かに小さかった可能性がある。

 

豪雨災害時における各運転方法の洪水調節能力比較

比較表

※能力比較は、現行運転実測値」下部調節樋門1門全開放運転の順に表記

※最善・最適と考えられる下部調節樋門1門全開放運転シミュレーション」は、精度・効率洪水対応能力が最も優れていた「設定下部調節樋門第1門閉鎖ダム内水位:39.5mで行なったものを選択している。

 

<各運転方法の能力比較>

1.洪水調節容量を最大限に確保活用でき、過去2度の「①」での『非常放流』に至り流入量以上を放流し、甚大な洪水被害に見舞われた時と同等の豪雨災害時においても、『』では、流入量以上を放流する『非常放流』が簡単に回避できる。

 

2.平成13年の「①」により、貯めていた水を加えて『非常放流』を行い、ダムが無いよりも洪水被害を増幅拡大する可能性が『』では、決してあり得ない。

 

3.平成13年及び、平成23年の「①」での『非常放流』による甚大な洪水被害に見舞われた直後に、貯めていた水を加えて放流し続け、ダムが無いよりも洪水被害を増幅拡大する可能性が『』では、決してあり得ない。

 

4.平成13年及び、平成23年の「①」での『非常放流』に至る過去最大級の豪雨災害時においても『』により、洪水ピーク時のダム流入量カットを最大限にし、ダム最大放流量を洪水ピーク時から遅らせる(タイムラグを創る)ことにより、確実に洪水被害を抑制軽減できる。

 

5.豪雨災害時における「①」での刻々と変化する降雨・ダム流入量の状況予測判断による困難で煩雑な水門操作が『』では、不要である。

 

6.運転方法の変更後に「①」で『非常放流』に至らないケースにおいても「」との河川水位差がほとんど無い。

 

7.豪雨災害時において「①」のような刻々と変化する降雨・ダム流入量の状況予測判断による困難で煩雑な水門操作が『』では、不要であるため、運転者の資質差ヒューマンエラーによる『非常放流』を簡単に回避できる。

 

 したがって、次の豪雨災害前に「現行運転」を『下部調節樋門1門全開放運転』に変更すべきである。

 

 以上

■和歌山県立医科大学 医師団 田村忠彦氏による病死偽装殺人事件!Part 15

連続殺人抑止ブログ】那智勝浦町立温泉病院での和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件・お詫び & 訂正

 

 さて、ここまで私が主張させて頂いた、「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏」が母に施した大ウソ3大超悪質治療のうち、

<田村忠彦氏の母を薬物中毒死させた仰天大ウソ3大超悪質治療

①存在しない「多剤耐性緑膿菌が検出されました!」と大ウソをついて、抗生剤を連続50日投与し副作用で苦しめ衰弱させた。 


 この抗生剤連続50日投与の主張の中で「『多剤耐性緑膿菌検出』が大ウソである」と申し上げてまいりましたが、

 

6/6緑膿菌

 ご覧の通り、この時だけのようですが、平成28年6月6日の検査結果では、「緑膿菌」が検出されていたようです。

 

5/25緑膿菌

 こちらが「緑膿菌」の標準表示だと思い込んでしまった私の無知により「まったく『緑膿菌』が存在していなかったかのごとく」主張してきてしまったことを、このブログをご覧頂いております皆様に訂正させて頂き、お詫び申し上げます。

 

 誠に申し訳ございませんでした m(_ _)m 。

 

 ただし、そこに『緑膿菌』が検出されていても「それが『多剤耐性緑膿菌』である!」という証拠はなく、抗生剤連続50日投与が正しかったという根拠にはならないと存じます。

 

■仁坂知事殿の『県民大虐殺テロ攻撃計画』阻止へ・新たなステージ! Part 14

小匠ダム通信・もの言えぬ空気が創り出す人命をも奪う恐怖!

 

 先日、悪天候に見舞われながらの登山訓練中に雪崩に巻き込まれ7人の高校生と1人の教師の尊い人命が奪われてしまいました。

 

 この訓練を始める前に何名かの教師から「天候を考慮し訓練を中止した方が…。」という声があがっていたものの、参加7校中の教師誰一人も「訓練を中止しよう」もしくは、生徒に責任があるので、ウチは中止して帰宅しますと言えなかったようです。

 

 この時1校でも教師が「生徒に責任があるので、ウチは中止して帰宅します」と言い出せば、他校も続き、あのような事故が起きていなかった可能性も考えられます。

 

 ただ、このもの言えぬ空気・無言の圧力」を突破して事を動かすのは、そんなに容易い事ではございません。

 

 しかしながら、言わば「生徒に責任があるので、ウチは中止して帰宅します」たったこれだけの単純明解な行動を起こさなかったことにより、それこそ尊い人命が失われることになった可能性が高いでしょう。

 

 これまで、このような単純明解な行動を起こさなかったこよにより、尊い人命が失われる、奪われるという事案は、数えきれないほどメディアで流れているはずです。

 

 それらを防災・危機管理の教訓とし、社会に還元するべきではないでしょうか。

 


 つまり、この小匠ダムの洪水調節問題では、「現行運転」により住民の生命が危険に曝されていることを知りながら、行政に対して、

 

「『現行運転』から『下部調節樋門1門全開放運転』に変更して下さい!」

 

 たったこれだけのことを言わなかった、行動しなかった(事なかれ傍観者)ことで、住民の財産はもとより尊い人命が失われるということがあってはならないと存じます。

 

 ですので、最新の町長(知事両方)宛の「要望書」には、

要望書

 このように単純明解な、

「㈱クレアリア専門家集団に対する確認」

 

 及び、

 

「㈱クレアリア専門家集団が『下部調節樋門1門全開放運転』が最善である」

「このように提案しているのであれば、「現行運転」から『下部調節樋門1門全開放運転』に変更頂きたい!」

 

 ということしか申し上げておりません。

 

 したがって、県知事及び、町長には「㈱クレアリア専門家集団に対する確認」を拒否なさることがないようお願いしたいですね。

 

■和歌山県立医科大学 医師団 田村忠彦氏による病死偽装殺人事件!Part 14

連続殺人抑止ブログ】那智勝浦町立温泉病院での和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件・野に放たれた薬物中毒死脅威

 まあ、とくに申し上げることもございませんが・・・。


タムラ先生1

内科医
 

■和歌山県立医科大学 医師団 田村忠彦氏による病死偽装殺人事件!Part 13

連続殺人抑止ブログ】那智勝浦町立温泉病院での和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件・【医師法】&【刑法】検証の簡単まとめ!

 

 それでは、遺族によるこの和歌山県立医科大学 医師団「つい昨日まで『眼科医』内科医の田村忠彦氏」及び、その悪質極まりない組織的な病死偽装殺人事件の【刑法】&【医師法】による検証結果を簡単にまとめてみます。


□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■

■遺族による【医師法】からの検証

 ・偽造公文書作成:虚偽カルテ・虚偽病院説明書・虚偽説明

 

6月28日カルテ

家族様に説明>

・この日に家族は、誰も田村忠彦氏にお会いしていない。

・前日「バンコマイシン」の説明は受けた。

・それまで何度も田村忠彦氏から説明を受けているが、カルテに「家族様に説明」などという記述は、存在しない。

・投与初回の平成28年6月28日昼の薬袋を見るまで「フラジール(メトロニダゾール)」という名前を見たことも聞いたことも無い。


 この「全く薬剤の説明を受けていない・処方せんを見ていない」という事実から、


医師法

第四章 業 務

 第二二条 医師は、患者に対し治療上薬剤を調剤して投与する必要があると認めた場合には、患者又は現にその看護に当つている者に対して処方せんを交付しなければならないただし、患者又は現にその看護に当つている者が処方せんの交付を必要としない旨を申し出た場合及び次の各号の一に該当する場合においては、この限りではない。

一 暗示的効果を期待する場合において、処方せんを交付することがその目的の達成を妨げるおそれがある場合

二 処方せんを交付することが診療又は疾患の予防について患者に不安を与え、その疾患の治療を困難にするおそれがある場合

 病状の短時間事の変化に即応して薬剤を投与する場合

四 診断又は治療方法の決定していない場合

 治療上必要な応急の措置として薬剤を投与する場合

六 安静を要する患者以外に薬剤の交付を受けることができる者がいない場合

七 覚せい剤を投与する場合

八 薬剤師が乗り組んでいない船舶内において薬剤を投与する場合


 ここの「医師法】第四章 業務・第二二条違反に該当する」と考えられる。
 

 また、この時点で、
 

肝膿瘍改善無く>

・家族の誰も平成28年8月26日までに、田村忠彦氏から「肝膿瘍改善無く」の説明を受けていない。

・投与初回の平成28年6月28日昼の薬袋を見るまで「【禁忌赤痢アメーバ駆除剤フラジール(メトロニダゾール)」という名前を見たことも聞いたことも無い。

平成28年6月27日時点では、「肝膿瘍は、治癒してきており過去最小・赤痢アメーバ皆無」であり、まったく【禁忌赤痢アメーバ駆除剤フラジール投与の必要が無い。


 この「まったく必要の無い【
禁忌赤痢アメーバ駆除剤フラジール故意大量投与薬物中毒死させた」可能性が極めて高いと考えられる。


 そして、平成28年8月26日病院説明においての、

 

病院説明書2
 この偽造公文書作成」による「病状悪化のでっち上げは、

 

「『【医師法】第四章 業務・第二二条』違反を免れるための『第二二条の及び』に該当したとする虚偽不正である!」


 と考えられる。


 つぎに、母を薬物中毒死させた以下の「
大ウソ3大悪質治療について、
 

<田村忠彦氏の母を薬物中毒死に至らせた大ウソ3大悪質治療

①存在しない「多剤耐性緑膿菌が検出されました」と大ウソをついて、抗生剤を連続50日投与し副作用で苦しめ衰弱させた。

②肝膿瘍を悪化させた可能性があったので「中止しました」と大ウソをついて、無頓着に【原則禁忌】薬剤ヘパリンを大量投与し続け副作用で肝膿瘍を急速増大悪化させ苦しめ衰弱させた。

③無頓着に【原則禁忌】薬剤を大量投与し続け副作用で苦しめ衰弱させたうえに、さらにまったく使用する必要の無い【禁忌】薬剤フラジールを無頓着に2重大量投与し副作用で苦しめ薬物中毒死させた。

 平成28年8月26日那智勝浦町立温泉病院説明においては、「赤痢アメーバ皆無・肝膿瘍は治癒してきており過去最小」であったことを隠蔽し、「肝膿瘍が増大悪化していたため早急に【禁忌】薬剤による治療が必要であった」と大ウソ薬物中毒死させた【禁忌】薬剤の2重大量投与を正当化した。
 

 これらの行為は、
 

医師法

第一章 総 則

 第一条 医師は、医療及び保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。


 
この「【医師法】第一章 総則」とは、真逆の行為であり、紛れも無い「【医師法】違反である」と考えられる。


 そして、田村忠彦氏の母を薬物中毒死させた大ウソ3大超悪質治療の動機・理由がどのようなものであれ、

 

医師法

第二章 免 許

 第四条 次のいずれかに該当するものは、免許を与えないことがある。

  一 心身の障害により医師の業務を適正に行なうことができないものとして厚生労働省令で定めるもの

  二 麻薬、大麻又はあへんの中毒者

  三 罰金以上の刑に処せられた者

  四 前号に該当するものを除くほか、医師に関しては犯罪又は不正の行為のあった者

 

 第七条 医師が、第三条に該当するときは、厚生労働大臣は、その免許を取り消す

 2 医師が第四条各号のいずれかに該当し、又は医師としての品位を損するような行為のあったときは、厚生労働大臣は、次に揚げる処分をすることができる。

  一 戒告

  二 三年以内の医業の停止

  三 免許の取り消し

 

 この「【医師法】第二章 免 許・第七条2」に該当し「【医師法】違反であり、間違いなく患者の生命に危険が及ぶ」ので、ただちに厚生労働大臣は、「つい昨日まで『眼科医』内科医の田村忠彦氏」の、

医師免許取り消し処分を行なうべきである!」

 と考えられる。



■遺族による【刑法】からの検証

 平成28年6月27日時点で母の状態は、赤痢アメーバ皆無・肝膿瘍は既に治癒てきていた」可能性が極めて高い故に、那智勝浦町立温泉病院として遺族に提出した平成28年8月26日病院説明書面は、以下の『公文書偽造等の』に該当するのではないかと考えられる。
 

刑法

第十七章 文書偽造の罪

公文書偽造等>

・第百五十五条 行使の目的で、公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造した者は、一年以上十年以下の懲役に処する。
 
 

 母の死亡時に「赤痢アメーバ皆無・肝膿瘍は既に治癒してきていた」可能性が極めて高い故に、主治医田村忠彦氏が死亡診断書の直接死因を「肝膿瘍」としたことは、以下の『虚偽診断書等作成』の罪に該当するのではないかと考えられる。
 

刑法

第十七章 文書偽造の罪

虚偽診断書等作成>

・第百六十条 医師が公務所に提出すべき診断書、検案書又は死亡証書に虚偽の記載をしたときは、三年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

 

 那智勝浦町立温泉病院の大ウソ3大超悪質治療による『薬物中毒死病死偽装隠蔽事件』が、まったく使用する必要の無い『禁忌使用しないこと薬剤』を「つい・なんとなく」での行為であれば、以下の『過失致死業務上過失致死の罪』に該当するのではないかと考えられる。
 

刑法

第二十八章 過失傷害

過失致死

・第二百十条 過失により人を死亡させた者は、五十万円以下の罰金に処する。

<業務上過失致死傷等>

・第二百十一条 業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、五年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。
 

 那智勝浦町立温泉病院の3大超悪質治療による『薬物中毒死病死偽装隠蔽事件』が『故意薬物中毒死させた』ものであれば、以下の『殺人』のに該当する、もしくは『傷害罪』に該当するのではないかと考えられる。
 

 

刑法

■第二十六章 殺人

殺人

・第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。
 

 つまり、この母に起きた那智勝浦町立温泉病院の仰天大ウソ3大超悪質治療による薬物中毒死病死偽装隠蔽事件を【刑法】で立件できないのであれば、日本にほとんど「『医療ミス過誤事故』というものが存在しなくなる」と考えられる。

 

 したがって、この那智勝浦町立温泉病院での和歌山県立医科大学医師団による薬物中毒死の悪質極まりない病死偽装隠蔽事件を【医師法刑法】で立件できないのであれば、一般的に社会病質者シリアルキラーと言われるような人間が「人を合法的に殺したい」と医師になれば、薬物中毒死による合法的な連続殺人が十分可能になると考えられる。

 以上 

 

■仁坂知事殿の『県民大虐殺テロ攻撃計画』阻止へ・新たなステージ! Part 13

小匠ダム通信・洪水被害増幅新たな事実を基に、さらに寺本眞一町長殿に「㈱クレアリアへの確認要望書提出!

 さて、先日那智勝浦町行政 最高責任者であらせられる寺本眞一町長殿宛の「要望書」を提出した際に下記の㈱クレアリア報告書」を、
クレアリア結論

 私の国語力で読み解きますと

「したがって、改修までの暫定操作方法として、比較的安定した調節方法である②の調節樋門1門全開放運転を採用するよう提案する

 という結論だと考えましたので、

「㈱クレアリアの報告書には、現状では、小匠ダムの運転方法として『下部調節樋門1門全開放運転』が最善最適という結論になっておりましたよね?」

 と総務課 小匠ダム担当者に尋ねたところ、

そうでしたっけ?」

 という、

「まったく話しが噛み合ない状況」

 でしたので、あらためて下記の
那智勝浦町行政 最高責任者であらせられる寺本眞一町長殿宛の「㈱クレアリアへの確認 要望書」を提出してまいりました。

□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

《豪雨防災目的 最善の小匠ダム運転方法の ㈱クレアリアへの確認 要望書》

 提出日:平成29年3月28日

 〒649-5142

  和歌山県 東牟婁郡 那智勝浦町 下里

  清水 俊幸 

 回答期限:平成29年3月31日(㈱クレアリアに確認依頼したか否か)        

 那智勝浦町行政 最高責任者

  寺本 眞一 町長殿 

 要望書初回に過去のデータ資料からシミュレーションした結果、下記3つのとんでもない新たな事実が判明いたしましたことはお伝えいたしました。
 

平成13年台風11号豪雨災害時における洪水被害が最大となる小匠ダム『非常放流』実行時に、貯めていた水を流入量に加えて放流し、洪水ピーク時の洪水被害を増幅・拡大していた
 

その洪水ピーク時の洪水被害を増幅・拡大した直後、さらに貯めていた水を加えて放流し続け、さらにさらに洪水被害を増幅・拡大していた
 

平成23年台風12号豪雨災害時における甚大な洪水被害に見舞われた『非常放流』実行直後も同様に、貯めていた水を加えて放流し続け、さらに洪水被害を増幅・拡大していた
 

 その時に小匠ダム担当2名の方とお話しさせて頂いた時に、「㈱クレアリア・小匠ダム運転方法検討報告書」では「現状では『下部調節樋門1門全開放運転』が最善である、という結論になっておりましたよね?」とお尋ねすると、でしたっけ?」みたいなご回答がございました。
 

 個人で「㈱クレアリア・小匠ダム運転方法検討報告書」について問い合わせましたが、 ㈱クレアリア回答:受託業務に関しましては、契約上の守秘義務がございますので、ご回答は差し控えさせていただきます。」とのことです。
 

 ですので、行政の方から「 ㈱クレアリア」「小匠ダム運転方法検討報告書・現状では下部調節樋門1門全開放運転』が最善であるのかどうかをご確認頂きますようお願いいたします。
 

 あと、ことが我々小匠ダム下流域・太田川流域住民の生命に関わる大問題ですので、先に「 ㈱クレアリア」には、別紙のとおり要望書及び、表計算シミュレーション等の資料は、メールにて提出済みです。
 

 なお、別紙のとおり、先に和歌山県行政 最高責任者であらせられる仁坂吉伸県知事殿にも同様の「要望書」を提出させて頂いております。
 

 それでは、なにとぞ早急に「㈱クレアリア」の方にご確認頂き、小匠ダムの運転方法が「現状では下部調節樋門1門全開放運転』が最善である ことがご理解頂けましたら、我々小匠ダム下流域・太田川流域住民の生命に関わる大問題ですので、小匠ダムの運転方法を「現行運転」から下部調節樋門1門全開放運転』にご変更頂けますようお願いいたします。

 

■和歌山県立医科大学 医師団 田村忠彦氏による病死偽装殺人事件!Part 12

連続殺人抑止ブログ】那智勝浦町立温泉病院での和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件・口にビー玉、体にあざ!

 

 うむ、「口にビー玉、体にアザ」ですか・・・。

 

 

朝日新聞:口にビー玉、体にあざ…入院患者虐待か 舞鶴市民病院>

http://www.asahi.com/articles/ASK3W3RG2K3WPLZB00B.html

京都府舞鶴市舞鶴市民病院で、寝たきりの入院患者2人について、口の中にビー玉が入れられていたり、体にあざが残っていたりしていたことが、舞鶴市関係者への取材でわかった。市は虐待の疑いがあるとみて調査。通報を受けた府警舞鶴署も調査を始めた。

 

 いやはや、母の「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏」による病死偽装殺人を「医療事故調査制度」に基づき調査するよう、遺族が那智勝浦町立温泉病院や那智勝浦町役場に要求した回答が、

 

最終回答

 上記であることを考えれば、

 

「市は虐待の疑いがあるとみて調査。」

「通報を受けた府警舞鶴署も調査を始めた。」

 

 この舞鶴市の対応は、

 

 


 

 としか言いようが無いですね。





<Y Tube・繰返し再生による【連続殺人抑止】にご協力を m(_ _)m!>

★【連続殺人抑止】和歌山県立医科大学 医師団による病死偽装殺人事件・名人田村忠彦氏の極意!

https://www.youtube.com/watch?v=9-irXOPinYs

 

事実確認場所

那智勝浦町立温泉病院

 〒649 - 5331 那智勝浦町 天満 483 -1

 TEL:0735 - 52 - 1055

和歌山県立医科大学 医学部 臨床教授

那智勝浦町立温泉病院 院長:山本康久 氏(殺人犯人隠匿)

          内科医:田村忠彦 氏(殺人犯)

   リハビリテーション科:坂野元彦 氏(殺人犯人隠匿偽証)

         事務課長:塩地法政 氏(殺人犯人隠匿偽証)

 

和歌山県医科大学 医学部

 〒651 - 8509 和歌山市 紀三井寺 811番地1

 TEL:073 - 447 - 2300(代表)

・お問い合わせEメール:waidai@wakayama-med.ac.jp

 和歌山県医科大学 理事長・学長:岡村吉隆 氏